遺品整理
家具を片付け中の部屋

不用品回収業者

家族だけで遺品整理を行なうのは、かなり大変な作業となります。そこでオススメとなるのが、不用品回収業者となります。遺品を回収してもらい、故人との思い出を整理しましょう。

この記事の続きを読む

喪服の男性

代行サービス

家族が亡くなると、故人の遺品を整理するためにも遺品整理を行なう必要がありますが、それを代行してくれるサービスが存在しています。そこに全てを依頼して整理する方も少なくありません。

この記事の続きを読む

積まれた本

メリット

遺品整理業者の利用には、さまざまなメリットがあげられます。その一つに、「時間や手間が省ける」といったメリットがあげられます。メリットがあるからこそ、多くの人々が利用するのです。

この記事の続きを読む

スーツ姿の女性

死後に備えて

家族が亡くなると、その残された家族が遺品整理を行なうイメージがありますが、近年は、本人で「老前整理」をしておくケースが多く見られます。遺族に迷惑をかけないためにも、事前に整理しておきましょう。

この記事の続きを読む

段ボール箱

お金の手続き

家族に認知症の方がいると、後々お金の管理に困ってしまうことが多々あります。そうなると、成年後見手続きを勧められることとなりますので、すみやかに対応するようにしましょう。

この記事の続きを読む

遺品を整理する

古書

遺品整理をするのに良い時期やタイミングは明確に決まっているというわけではありません。また、無理に遺品整理を行う必要もありません。では、なぜ遺品整理が注目を集めているのかというと、遺族の心の整理をするためです。 ですから、遺品整理は遺族の気持ちが落ち着いた段階で行われるのが一般的です。目安としては、亡くなってから49日・100日が経過したタイミングがあります。ただし、故人が賃貸物件を利用していたという場合には、早い段階で部屋の明け渡しを求められる場合がありますし、それが出来ない場合には家賃を支払いと求められる可能性がありますので、注意が必要です。特に、月をまたぐような場合には、急いだほうが良いでしょう。

遺品整理は、以前は遺族が行なうものでした。しかし、思い出の詰まったものを処分することが出来ない、なかなか時間を取ることが出来ないという場合には、業者に依頼するという方法があります。遺品整理を行っている業者はたくさんありますので、いくつかの業者に見積りを依頼するなどして依頼するところを決めるようにしましょう。 また、実際に利用したことのある人の口コミなどは業者を決める際の参考になります。 特に、遺品整理の作業に立ち会うことが出来ないという場合には、作業を実際に見ることが出来ませんので、事前の話し合いをしっかりとし、残しておきたい物があれば、紙に書くなどして業者に渡し、最終確認は立ち会うことをオススメします。