遺品整理

代行サービス

喪服の男性

一人暮らしの家族が亡くなった場合に遺品整理をしていると、大きく4つぐらいにわかれて、形見としてとっておくもの、いらなくなって一般廃棄するもの、それとお焚き上げするもの、そして中古品として売却できるものです。 家族が分別すれば、今は遺品整理専門会社があるので廃棄物についてはお焚き上げ等も含めておこなってくれます。また中古品については、買取業者に持って行って査定してもらい売却することになりますが、この際、遺品整理品であることはいう人はいないです。逆にそのようなことを買い取ってくれないこともあります。 一緒に住んでいなかった家族の場合には、どこに何があるかわからないことも多いため、最初は家族で遺品整理して分別することが大切です。

誰かが亡くなると、それまで住んでいた自宅やマンションを片づける必要があります。昔であれば、家族や親族などがきて整理するのが普通でした。しかし、核家族化が進み、独居の高齢者が急増しています。たとえ兄弟や子供がいても、はるか遠方に住んでいたり、独身であったならば、遺品整理が困難ということもあるでしょう。 そういうときに活躍するのが遺品整理のサービスです。遺品整理を依頼すると、部屋の中を空っぽにし、すべての遺品を処分してくれます。さらに、掃除もしてくれます。 時間的に片づけている暇がないとか、場合によっては故人のコレクターなどの遺品の始末にお困りなどの際には、遺品整理サービスに一度相談してみてはいかがでしょうか?