遺品整理

死後に備えて

スーツ姿の女性

故人が残した遺品を片付けていくのが遺品整理ですが、それと違って老前整理はまだ元気な内に自分の最期を考えて、身辺整理をすることです。今この老前整理が書籍やテレビ報道の影響もあって、1つのトレンドとなっています。 老前整理を行うタイミングは様々ですが、よく見られるケースとしては大病の後回復してから行う人や、定年退職後に余った時間を活かして行う人、長年連れ添った家族が亡くなったのを機に始める人がなど様々です。 遺品整理と違って、生活に必要な物は残しつつ整理をしていく必要があります。そのため時間をかけてじっくりと行う人が多くおり、その作業の中で不用となった品を不用品回収業者などに後でまとめて回収してもらうのが一般的な老前整理の進め方です。

多くのケースでは老前整理は、人生の後半になって行います。片付ける物が多く、自治体の粗大ゴミ回収や一般ゴミでは処分できないだけの量の粗大ゴミや不用品が出てくる事が多くあります。 このため老前整理を行う時には、遺品整理業者や不用品回収業者を呼んで、不用品などをまとめて回収をしてもらう方が作業がはるかに楽になります。これらの業者は何れも遺品整理だけでなく、老前整理についても随時サービスを提供しており、電話連絡をしてオペレーターと話を進め、希望日に見積もりに来てもらうように予約をすることで利用できます。 当日見積後はそのまま作業に入るか、後日作業かのどちらかになり、大型の家財なども全て業者が回収してくれるので、余った時間を活かしてアルバム整理などもじっくり出来ます。